疲れが取れなくてだるい、イライラすると感じていたら、もしかしたらVDT症候群かもしれません。

VDT症候群とは、コンピューターディスプレイ(VDT:ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)などの表示機器を使った作業を長時間続けることで、目だけでなく体や心にも影響の出る病気です。別名「IT眼症」とも呼ばれています。ここでは、VDT症候群の原因や症状、治療法について詳しくご紹介します。

VDT症候群の原因

VDT症候群とは、パソコンなどの表示機器を使った作業を長時間続けることで、起こります。

画像を表示する電子機器端末は全て該当するので、PCだけでなく、スマホ、タブレット、DSなどのゲーム機器、電子辞書やTVなど、日常生活の娯楽に欠かせないものが該当してきます。ブルーライトや作業中の姿勢が目や体、心に影響を与えると考えられてます。

ブルーライト

電子機器端末から発している強い光をブルーライトと呼びます。このブルーライトを長時間浴びることは目を疲れさせます。

この目の疲れが生じることで血行不良を起して全身の疲れとなり身体的な症状が現れたり、ストレスとなって精神的な症状を引き起こします。

作業中の姿勢

電子機器端末を使用している際には、長時間同じ姿勢でいることが多いです。

パソコンを見ている時は、前かがみの姿勢になったり、長時間椅子に座ることで、首や肩、腰に負担がかかります。このように固まった姿勢でいることで、身体を疲れさせる原因になったり、ストレスが掛かります。

VDT症候群の症状

VDT症候群の症状は目だけでなく、体や心にも症状が現われます。

目の症状

・目の疲れ、眼精疲労
・目が乾く、ドライアイ
・目のかすみ
・充血
・物がぼやける
・近視、視力低下
・角膜炎、結膜炎

体の症状

・肩こり
・首こり
・腕が痛む
・だるい
・背中の痛み
・手指のしびれ
・額の圧迫感
・吐き気

心の症状

・睡眠不足
・食欲減退
・イライラ
・不安
・抑うつ病

VDT症候群の治し方

長時間の電子機器端末の使用が原因となる為、使用せずに休むことが重要です。

また、作業環境を整えることも症状の緩和に繋がります。

①作業環境の改善

下記4つの点に注意して作業環境を変えることで、症状を緩和することが出来ます。

1.姿勢

まずは正しい姿勢で作業しているか、確認してみてください。姿勢を正して背中がつくように椅子に深く座ったときに、足の裏がピタッと床につくか確認しましょう。この高さに、椅子や机の高さを調整します。

2.明るさの調整

画面から出るブルーライトの光を抑えるために、フィルターをつけたり、部屋と画面の明るさを揃えて目に与える刺激を少なくします。

3.画面との距離の調整

画面と目の距離は、50cm以上距離を保つのが理想です。

4.目を乾燥させない

休憩中に目薬を使用したり、目の乾燥が起こらないように加湿器をおいて室内の湿度を整えましょう。

②休む

一番の治療方法は、体を休ませることです。仕事自体を休むことや仕事先を変えることは難しいと思います。

その為、電子端末機器を1時間以上使用する方は、1時毎に5分~10分程適度な休憩を取りましょう。休憩時には、首や肩をまわしたり、背伸びしたり、腕を伸ばすなどストレッチを取り入れることも効果的です。

また、目の上にホットタオルを置くと目の血行が促進され、疲れを緩和することが出来ます。

おわりに

パソコンなどの表示機器端末を使用する機会が増えています。その為、本人も気づかないうちにVDT症候群にかかっている可能性もあります。

疲れているな、イライラするなと感じた時には、休憩をとったり作業環境を見直して、症状を改善しましょう。