老眼というと、40歳を過ぎたくらいから自覚症状を感じ始めるものです。

しかし、最近では20~30代の若者でも「手元の近い文字が見えづらい」「近くのものが、ぼやける」といった老眼と同じ症状が現れだしています。

 

これは、スマホを長時間使用による「スマホ老眼」と呼ばれています。本を読む時に、ついつい距離をとってしまっている方は、スマホ老眼かもしれません。

ここでは、スマホ老眼について詳しくご紹介します。

スマホ老眼とは?

スマホ老眼とは、スマホを長時間使用することで起こる老眼現象のことで、20~30代の若い世代で症状を訴える方が増加しています。スマホ老眼と老眼は原因は異なるものの、現れる症状は同じです。

 

スマホ老眼は下記のような症状が現れます。

◆スマホ老眼の症状◆

・新聞や本などの近くの文字が見えづらい
・遠くは見えるのに近くがぼやける
・近くから遠くを見た際にピントが素早く切り替わらずにぼやける
・薄暗い場所で文字が見えづらい
・ピントが合わせづらい
・目が痛い
・目の疲れ

 

また、症状が進行すると、めまい、吐き気、頭痛、肩こりなどの身体症状や、イライラ、不安感、抑うつ病などの精神症状も引き起こす場合があります。

スマホ老眼の3つの原因とは?

①目の調整力の低下

私達の目は近くを見るとき、遠くを見るとき、目の筋肉が水晶体の厚みを調整することでピントが合い、ハッキリと物が見えるようになります。近くのものを見ている時は目の筋肉の緊張状態が続きます。

スマホを目に近い距離で長時間見続けることで、目の筋肉に筋肉痛やコリのようなものが生じたり、調整力そのものが低下します。これによりピントが合わなくなりスマホ老眼が起こります。

②ブルーライト

スマホ老眼になる原因の1つとして、ブルーライトが挙げられます。ブルーライトとは、スマホやPCなどから発せられる強い光のことです。この光は目の網膜にまで届き、目を疲れさせて老眼を促進させます。

また、光の量を調整している虹彩という部分にも害を及ぼし、光の調整が上手くできずに、暗い場所で文字が見えづらいなどの症状を引き起こします。

③外眼筋バランスの崩れ

眼の周りには、外眼筋と呼ばれる6つの筋肉が存在します。左右対称の筋肉がバランスよく動くことで、視力の焦点に変化させます。

しかし、バランスが崩れてしまうと、遠近感や立体感が合わなくなったり、斜視、眼精疲労、物が二重に見えるなどの症状が現れます。これらの筋肉が正常に動かないことで、スマホ老眼を促進する原因になります。

スマホ老眼の3つの対策とは?

スマホ老眼は、スマホにより目を酷使することが原因で起こります。
その為、休める、温める、エクササイズを行うことで、対策することが可能です。

①休ませる

スマホを1時間使用したら、5分間休憩を取ったり、スマホを使用する時間を制限するなどして、目を定期的に休ませる時間を取ることが大切です。

②温める

温かいタオルを目にあてることで、目の周りの血行がよくなり筋肉のコリを解消できます。目以外にも全身の血流をよくする為に、お風呂に入ったり、軽い運動をすることも効果的です。

③エクササイズ

目の筋肉を動かすエクササイズを日常的に取り入れることで、スマホ老眼を対策できます。

◆エクササイズ方法◆
1.寄り目エクササイズ
寄り目になりやすいように、腕を伸ばして、人差し指を立てます。次に指を鼻の先まで引き、目線は指を追うように寄り目を作ります。

そして、指を元の位置に戻して、目の状態も通常に戻します。この一連の動作を20回ゆっくりと行います。

2.目ぐるぐるエクササイズ
目を自由自在に動かします。まずは下、右、上、左と目をぐるぐるとゆっくり回します。右回りが10周終わったら、次は左回りを10周行います。

3.遠くと近くを見るエクササイズ
手を伸ばして人差し指を立てます。次にその直線上にある5mほど離れたものに、目印を起きます。人差し指と遠くに目印をゆっくりと交互に見て視線を切り替えます。この一連の動作を20回ゆっくりと行います。

4.ギュッパッエクササイズ
目を思いっきりつぶり、思いっきり開きます。この一連の動作を20回ゆっくりと行います。

おわりに

スマホ老眼は、スマホを長時間使用することで起こる目の病気です。このスマホ老眼は、スマホをよく利用する20~30代の若い世代にかかる人が増加しています。現代社会において、この目の病気は誰でもなる可能性があります。

今回ご紹介したスマホ老眼の対策は、予防にも効果的です。日常的に取り入れて目の病気から目を守りましょう。