仕事上、パソコン業務をやめることが出来なかったり、眼精疲労の原因となるものを取り除くことが出来ない方も多くいると思います。

そんな方にとって、眼精疲労はどうしたら改善できるのか、解消方法を詳しくご紹介します。

眼精疲労は解消できる?

眼精疲労は原因となるものを改善することで、治すことが出来ます。たとえば、長時間のパソコン業務が眼精疲労の原因となっているのであれば、止めることで治ります。

 

しかし、仕事で止められないことも多くあると思います。その場合は、解消方法を取り入れて日々ケアをきちんと行うことで、改善することが出来ます。

眼精疲労の5つの解消方法

ここでは、5つの解消方法についてご紹介します。

①目のストレッチ

眼球を動かして、目の周りの筋肉をほぐしたり、近くや遠くをみることで、ピント調整をする目の筋肉をほぐしたり、目を温めたり冷やしたり、目のツボを押したり、首や肩の血流をよくすることで、目の疲れをとることができます。

 

下記のような手順で、目のストレッチを定期的に行いましょう。

■ 目のストレッチ手順 ■

1、目を5秒間閉じ、その後5秒間目を開く

2、目を時計回りにグルグルまわし、反対周りも同じように回す。

3、目と目の間の真ん中30センチ先に人差し指もしくはボールペンなどを置き、その先を見つめます。

4、次に、5m以上離れているものとボールペンを交互に見て、近くと遠くを交互に見る行為を繰り返す。1秒間隔で、20回繰り返す。

5、目の周りにはツボが多いので、ツボを意識しながら目の周りを一周マッサージする。

6、さらに、目の上にホットタオルを乗せて、10分間温めると、より目の疲れが取れます。
最後に、肩、首などをほぐしたり、まわしましょう。

②食べ物とサプリメント

眼精疲労の疲れを解消する方法の1つとして、栄養補給は重要な項目です。

疲れ目には、アントシアニンやビタミンB郡が効果的で、ビタミンAは目に潤いを与えてくれます。

これらの食材が普段不足していると感じる方は、サプリメントを使って補いましょう。

1、アントシアニン

疲れ眼にはアントシアニンが効果的です。

・アントシアニンが含まれる食べ物
ビルベリー、カシス、ブルーベリー、ブドウ、黒豆、黒ゴマ、赤シソなど

2、ビタミンB郡

ビタミンB郡は、目の疲れだけでなく、充血や炎症、視力低下防止にも効果を発揮します。

・ビタミンB郡が含まれる食べ物
豚肉、玄米、ほうれん草、まぐろ、バナナ、牡蠣、チーズなど

3、ビタミンA

ビタミンAは目に潤いを与える働きをします。

・ビタミンAが含まれる食べ物
生卵、鶏肉、豚肉、牛肉などのレバー、かぼちゃ、にら、マンゴー、うなぎなど

③目のツボを押す

眼精疲労に効果的なツボは、目だけでなく体の至るところにあります。

 

ツボを押したり、小さな円を描くように押すことで、疲れ目だけでなく眼精疲労からくる頭痛や肩こり、首こり、精神的ストレスなど様々な症状を改善させることが出来ます。

以下のサイトに、詳しいツボ押しが書いてありますので、参考にしてみて下さい。
http://dryeye-labo.com/

④ブルーライトカットメガネ

パソコン、テレビ、スマートフォンなどのディスプレイから発するブルーライトは、目に害があるといわれており、このブルーライトから目を守るメガネが販売されています。メーカーにもよりますが、使用することで20%~50%のブルーライトをカット出来ます。

 

また、コンタクトレンズを日常的に使用されている方で、長時間のパソコン業務を行う場合は、メガネの使用をおススメします。

 

コンタクトレンズを使用すると、角膜の知覚低下や涙の分泌が減ります。

パソコン業務や長時間近距離で物を見る作業をした場合、まばたきの回数が減る為、より目の乾きが進行し、ドライアイになる可能性が非常に高くなります。その為、メガネを併用して使うのが、眼精疲労の予防に繋がります。

⑤目薬を使う

市販の目薬は眼精疲労の症状を緩和させることが出来ます。携帯に便利ですので、1つ持っておくことをおススメします。

目薬については、こちらにまとめましたので、参考にしてください。
眼精疲労の目薬のおすすめは?選び方のポイントは2つ!

おわりに

眼精疲労の症状が現れた際、原因となるものを取り除くことで改善する事ができます。

しかし、どこの会社もパソコンを取り入れている時代の為、パソコンが原因となった眼精疲労の原因は、取り除くことが難しいのが現状です。

 

今回ご紹介した改善方法を、日常的なケア方法として取り入れることで、症状を緩和させたり改善することが出来ます。是非試してみて下さい。