目の慢性的な疲労や体の疲れを感じた場合、何かを受診するべきか迷う方もいると思います。

ここでは、眼精疲労を感じた場合、何科を受診すればいいか、病院での検査方法や治療方法について詳しくご紹介します。

眼精疲労で受診する科は?

眼精疲労になった場合、何科に行けばいいのか悩みませんか?

基本的には目の痛みを感じている場合は、眼科を受診しましょう。病院での治療方法は、基本的に点眼薬の処方です。

 

これにより、症状を緩和することは可能ですが、眼精疲労は目の疲れが慢性化して起きる症状なので、根本的な原因を解決しない限りは、病院に行っても治りません。

 

また、肩こりや首こりといった凝りの症状が体に起きている場合は、整体院にいって、凝りをほぐしてもらうのも効果的です。上半身の凝りは、眼精疲労に繋がる為、筋肉をほぐすことで症状が緩和されます。

眼精疲労の検査方法

眼精疲労は、目の疲労を感じるだけでなく、頭痛や吐き気、肩こり、首凝りなど体全身にも症状が出るのが特徴的です。

眼精疲労の要因として、下記の要因が挙げられます。

眼精疲労が起こる要因

・視力低下やドライアイ、緑内障などの眼に原因がある場合
・肩こりや首こりなど体の凝りから引き起こされる場合
・循環器や消化器官の体の病気から引き起こされる場合
・ストレスなどの精神的な原因
・PCやスマホなど画面の見すぎなどの環境が関係している場合

 

上記のような様々な要因が考えられます。眼精疲労の原因を見つけることが、改善するために重要です。

その為、眼科では、この原因を見るける為に、下記のような様々な検査を行います。

眼精疲労の検査内容

■ 眼精疲労の検査内容 ■

・調節検査
ピントが正しく合うか、目の調節機能を確認する

・視力検査
裸眼と矯正視力の確認する

・視野検査
視野計を用いて、視野の範囲や欠落部がないか確認する

・眼底検査
目に光をあて、目の中の血管や網膜に異常がないか確認する

・眼圧検査
目に空気をあて、眼球の固さを調査する

・眼位、眼球運動の検査
目の向きや眼球運動が正しく行われている確認する

・前眼部
角膜、結膜、虹彩、前房、水晶体などに異常がないか確認する

・ドライアイ検査
涙の量を測定したり、目が乾燥するまでの時間を確認する

 

上記の検査方法を用いて、原因を特定します。検査を通して目に異常がない場合は、全身的な原因を視野に入れてCTやMRIを用いて精密検査をすることもできます。

 

しかし、検査を行う前に環境的、精神的な原因がないか一度確認することが、眼精疲労の原因を特定するのに、重要なことです。

眼精疲労の治療方法

眼精疲労が理由で、眼科を受診する方が増えてきています。

眼科で行われる治療方法についてご紹介します。

1.ビタミンB12点眼剤、調節賦活剤の点眼

点眼を用いて、乾燥から目を保護し、潤いを与えます。また、ビタミンB12は、視神経の働きを高める効果があります。

 

調節賦活剤は、目の調整機能を改善する薬です。目薬の使いすぎは目に悪影響を与える場合もあります。

その為、目薬の種類や回数に関しては、眼科医と相談の上、用法用量を守って正しく使いましょう。

2.メガネ、コンタクトレンズの度数の調整

裸眼や矯正の度数を確認して、現在使用しているメガネやコンタクトのレンズの矯正が正しく出来ているか確認します。

矯正が正しく出来ていない場合は、目が疲れやすくなります。

特に度数が強い状態で、近くのものを見続けると、目が疲れやすさを感じやすくなる為、度数の調整を行います。

3.D5000

D5000 は、雲霧(うんむ)法と言う効果を原理として、スマホやPCなどで近くを見ているのに慣れている目を、遠くをみることに順応させる器械です。

 

検査器の中を覗くと、美しい風景画像が現れます。この画像を5分眺めるだけで、遠くの風景を長時間眺めるのと同じ効果があります。

この器械により、間接的に毛様体筋を刺激し、常に緊張していた目を改善させます。

4.ドライアイ治療

点眼療法を主にドライアイの治療を行います。ドライアイの方は涙の量が少ない為、目を保護する役目が不十分となり、角膜に小さな傷が出来ます。

その為、涙の役割をする点眼を用いて目を保護します。

5.温罨法(おんあんほう)・冷罨法(れいあんほう)

目の上に温かいタオルや冷たいタオルを交互に置き、目を温めたり、冷やしたりすることで、目の周りの血行を良くする方法です。

 

温めることで、血管を広げ血液の循環を良くし、冷やすことで、血管と筋肉を収縮させ、元の状態に戻ろうとする力を引き出させる効果が期待できます。

 

この方法は、自宅でも簡単に行える方法ですが、目の病気にかかっている場合は症状を悪化させる可能性もあるので、眼科に相談しましょう。

おわりに

眼精疲労を感じた場合は、まずは眼科に行き、目の病気がないかの確認、また眼精疲労の原因となるものを特定しましょう。

眼科では眼精疲労に効果的な治療方法を受けることができ、症状を緩和させることは出来ますが、根本的な原因となるものを改善しない限り眼精疲労は続きます。

眼科に行くことは、眼精疲労の原因を特定する手助けになる為、改善への第一歩になります。